ライフデザイン

人生や仕事に行き詰まったら環境を変えるべき

人生や仕事に行き詰まったときの手っ取り早い解決策は、「環境を変えること」です。

<記事の内容>

何かに行き詰まった人は思い切って環境を変えるべき

→環境を変えるための具体的な提案

行動しなければ何も変わりませんが、思い切って環境を変えてみると案外あっさり解決して人生が良くなることがあります。

<こんな人にオススメ>

・人生が面白くないと感じている人

・今の仕事が嫌だと思っている人

・自分を変えようとしても上手くいかない人

何かを変えるきっかけが欲しいという人や、変える方法を知りたいという人にとって少しでも参考になれば嬉しいです。

人生や仕事に行き詰まったら環境を変えた方がいい

生きていると何もかも上手くいかないと感じることは誰にでもあります。

仕事・人間関係・お金のことなど、悩みの種が重なるときはすべてが嫌になったりするものです。

行き詰まったままの状態で良くなる時を待つこともできますが、環境を変えればすぐに解決できることもあります。

<環境を変える方法>

・生活環境を変える
・仕事を変える
・情報源を変える

悩みすぎて自己肯定感が低くなってしまったり、心が疲れてしまうぐらいなら行動した方が人生は楽になります。

それでは、これらの環境を変える方法について具体的にお話ししていきます。

生活環境を変える

生活環境は人間の幸福度に大きな影響を与えます。

今の場所・状況で満足できていないのなら、まずは生活環境を見直してみるのが良いと思います。

住む場所を変える

一次的な感情ではなく本気で現状を大きく変えたいと思っている人は、居住環境を変えてみるのも一つの手段です。

ただ単純に他県に引っ越しをするということではなく、環境自体を変えるのが目的です。

・田舎での毎日が退屈
都会に住む

・都会の生活に消耗した
田舎に住む

・価値観ごと大きく変えたい
海外に住む

少しハードルが高いと感じるかもしれませんが、自分の生活拠点を変えたり、移住をしたことによって人生が良い方に変わったという人はたくさんいます。

日々の習慣を変える

毎日のちょっとした習慣を変えていけば、悩みのもとが解決し、結果的に自分を取りまく環境を変えられることもあります。

・お金がない
→ 毎月の固定費を見直す (生活費を下げる)

・時間がない
→ 行きたくない飲み会などは断る (無駄な時間を排除する)

・将来が不安
→ 不安に思う時間があったら行動に移す(悩むのはやめる

何かをやるだけでなく、やめる努力が必要なときもありますね。

仕事を変える

もし行き詰まっている原因が「仕事」だけなのであれば、働く環境を変えればすぐに解決できます。

仕事がどうしても嫌で悩み続けるぐらいなら、辞めるという選択肢を考えた方がいいと思います。世の中には他にもお金を稼げる場所はいくらでもあります。

転職する

昔と比べて今の時代は転職が当たり前になりました。
転職によって以下のような環境の変化が期待できます。

・残業が多いブラック企業からの転職
給料が上がって自由な時間も増える

・苦手(自分に合わない)職種からの転職
得意を活かせる分野でスキルと経験を積める

・人間関係が最悪な職場からの転職
ストレスがなくなり心身ともに健康になる

転職は❝逃げ❞ではなく❝攻め❞です。

より良い条件のところにいける自信がないという場合は、まずはスキルを習得してみるのも環境を変えるための大きなステップになります。

会社で働く以外の選択肢もある

一つの会社から別の会社に転職する以外の選択肢でお金を稼ぐことも普通になってきました。

トヨタの社長や経団連の会長が❝終身雇用の見直し❞発言をするような時代ですので、「企業の正社員=安定」という方程式が崩れてきているのは事実です。

・朝起きるのも満員電車もつらい
在宅でできる仕事を探す

・会社の出世競争がしんどい
フリーランスとして個人で稼ぐ

・自分のアイディアや功績が会社のものになるのが嫌
起業する

パソコン一つで仕事ができるようになった今の世の中は、会社という場所が合わないと感じている人にとって素晴らしい時代です。

収入と働きやすさのバランスの中で、自分にとって最もストレスが少ない環境に身を置く選択が、人生を楽に快適にするための解決策です。

情報源を変える

変わろうと努力しても結果が出ない原因の一つに、「良い情報が得られていない」ということが考えられます。

情報源を変えることは生活環境や仕事を変えることよりも簡単で、今すぐにでもできる方法です。

新しい情報に触れる

常に同じ友人と付き合い、自分好みの有名人のSNSや同じようなジャンルの本ばかりに触れていては、いつまでたっても現状が変わることはありません。

普段接することのない新しい知識・考えを持った人から情報を得ることで、環境を変える方法を知ることができます。

SNSなどの普及により、人生を変えることに成功した人や最先端情報を発信する人の意見に誰もが簡単にアクセスできるようになりました。

<有益な情報を集めやすい場所>
・YouTube
・Twitter
・note

生き方や働き方、最先端情報など自分が欲しいと思う情報を発信している人の中から「この人なら信頼できそう」と思う人を何人か見つけるのがいいと思います。

そして、その人たちが言っていることの中で、自分にもできそうなことから始めていけば現状を変えるキッカケになります。

環境を変えるのが怖いのは当たり前です

環境を変える方法を知っても、「変化が怖いから行動したくない」と思う人がいるかもしれません。

それは人間が生まれ持った性質でして、自分だけがそう感じているわけではないのを知っておいた方がいいですね。

人間は今の状態を快適だと思うようになっている
(=現状維持バイアス)

将来が良くなるかどうかわからないから、現状のままを好みます。

人間は未来が少しでも悪くなるのはすごく嫌だけど、良くなってもそれほど恩恵を感じられない
(=プロスペクト理論)

リスクとリターンがあるとき、私たちはリスクを多めに見積もりがちなのです。
ところが、勇気を出してやってみると「意外と大丈夫だった」という結果になったりします。

恐怖心があっても思い切った行動を取れる人だけが、変化による利益を得られることになります。

変化への恐怖心を克服する方法

では、生まれ持った変化への不安や恐怖をどうやって克服していけばいいのかについてです。

①:上手くいっている人の真似をする

自分がこれから取ろうとしているリスクを取ってくれた人を見ると安心して自分もそのリスクを取れるようになります。

現実的にも上手くいっている人と同じようにやれば成功率が上がるので、その人の真似をすることは理にかなった方法です。

②:小さな変化から大きな変化へ

現状をそれほど変えないままに少しずつリスクを取っていって、いけそうだと思ったらさらに大きめのリスクを取るスモールステップという方法です。

万が一「やっぱり元の状態に戻りたい」と思ったときに、小さな変化であれば引き返すことも可能です。そういった安心感があることをわかっていれば、行動に移しやすくなります。

結論:環境を変えることは誰にでもできる

今の環境が人生のすべてではありません。

現時点で何かにすごく悩んでいる人も、少しの変化を加えるだけで見える世界が180度変わることもあります。

ときどき「環境を変えられるのはお金や行動力のある一部の人だけだ」と言う人もいますが、それは違いますね。

変化への恐怖心を克服するだけの覚悟があれば、誰でも環境を変えることができます。

今すぐに行動することが難しい人も「最悪、いつか環境を変えればいいや」という気持ちでいるだけで楽になるかもしれません。

最初は小さなステップでも積み重ねると大きな変化につながりますので、現状に行き詰まりを感じている人は思い切って行動してみるのもいいと思います。

※人気記事:英語ができると得をする・人生が変わる【7つのメリット】

※人気記事:やりたい仕事が見つからない人が考慮すべき5つのポイント

ABOUT ME
しゅり
しゅり
海外居住経験なしで英検1級、TOEIC960点を取得。 日本にいながら英語を楽しく学ぶオススメの方法を中心に発信しています。 「スキルを積み上げて人生のハードルを下げる」をモットーに、のびのびと生きるアラサーです。